保育士が人間関係に疲れる原因とストレスの発散方法をお伝えします

職場・人間関係

保育士が人間関係で疲れてしまう主な原因3つを解説

保育士 疲れ 泣く

人間関係はどの職業においても悩みのひとつと言えるのではないでしょうか。

その中でも保育士という職業は、特に人間関係に悩む人が多いかと思います。保育士がなぜ人間関係に疲れてしまうのか、原因を説明していきたいと思います。

保護者との人間関係が悪い場合

「保育園の人間関係」と聞いて何を思い浮かべますか?

多くの人が保育士の中での人間関係の悪さをイメージしたかと思います。しかし、実際は保護者との人間関係に悩む保育士も多くいます。特に保育士1年目の場合、経験が浅いことにより保護者から信用してもらえず話を聞いてもらえないといったケースもあります。

保護者の中には先生を比較する方もいらっしゃいます。「兄が通ってた時の担任はよかったのに」「年少のときの担任は・・・」といった感じですね。担任になったばかりの保育士は認めてもらえず関係性に悩む保育士も少なくありません。

比較されるのはまだ良い方です。子どもへの対応について非難してきたり、事あるごとにクレームを入れてきたりとモンスターペアレントと呼ばれる保護者もいます。

モンスターペアレントには大変なストレスを感じるでしょう。

先輩との人間関係が悪い場合

新人保育士の悩みの1つに先輩保育士との人間関係があります。

先輩保育士は、園から新人保育士の指導者として任命されます。そのため、一人前の保育士に育てようと厳しく指導してしまうケースもあります。

先輩保育士には新人指導の他にもたくさんの業務があります。自分の業務時間を削って指導をしているため、業務が多くなるストレスも人間関係に影響していきます。

保育士は専門職です。各職員が保育に対してそれぞれが想いを持っています。保育観の違いから先輩保育士との人間関係に悪影響が出てくることも少なくありません。

園長先生との人間関係が悪い場合

先輩や同僚以外にも園長先生や施設長との人間関係に悩む人もいます。

保育士とはまた違った視点で施設を管理・運営しているため、意見の相違が出ることもあるでしょう。現場に対して様々な指導が入り、働きにくさを感じてしまう人も少なくありません。

中には、園長先生が変わったことで保育方針に違いが出てくる場合もあります。施設運営や保育方針に関して意見することは難しいため、退職を考える人もいるのではないでしょうか。

保育士が人間関係に疲れたときの解決方法

保育士 子供 だっこ

それでは、保育士が人間関係に疲れた時はどうしたらいいのでしょうか。

保育士の皆さんが日々楽しく仕事をすることができるよう、ポイントを交えて紹介していきたいと思います。

笑顔で挨拶し積極的にコミュニケーションを取る

まずは笑顔で挨拶をすることから始めましょう。

人間関係が悪いと表情も暗くなってしまいがちです。ただ、そのままでは状況は改善されません。笑顔で職員と関わるよう意識することで、あなた自身の雰囲気が明るくなり、少しずつ周りの職員と打ち解けていくことでしょう。

積極的に周りの職員とコミュニケーションを取るように心掛けましょう。人間関係の悪さはコミュニケーションが不足していることが要因となっている場合があります。

自分から積極的にコミュニケーションを取り、良好な関係を築けるように努めましょう。

子供の成長の方に視野を向ける

保育士のやりがいの一つと言っても過言ではないのが子どもたちの日々の成長ですよね。

子供の成長を見届けたい、成長を支援したいという想いを持って働かれている方は少なくありません。

人間関係に疲れた時は「自分の想い「信念」を見つめ返すチャンスです。「保育士として自分は何をしたかったんだっけ?」という原点立ち返って仕事をすることも気持ちを切り替える方法の一つです。

心が疲れてしまった時には、職員との関係に一度距離を置いて、子どもたちとの関わりに視野を向けてみましょう。

人間関係のもつれがあっても、子どもの成長を見ると元気が出てきます。ただ「子どものためだから!」と力み過ぎるとストレスになります。バランスを意識しましょう。

一緒になって陰口を言うのはやめる

女性の職場のため、陰口や噂話は切っても切り離せないのが現実です。

中には、エスカレートして、いじめやパワハラなどにつながるケースも少なくありません。陰口を言うことで自分の身を守ろうとする職員もいるため、職員同士が陰口を言い合うという悪循環にもつながります。

周りの職員が陰口を言っていても、同調せずにそっと席を外すなど距離を取るようにしましょう。少しずつ距離を取る事で、自分は陰口を言わないというアピールにもつながります。

他の保育園へ移る

どうしても今の保育園で働くことが難しいと感じた場合には、他の保育園へ移ることも考えましょう。

人間関係が悪化し過ぎた場合は改善が見込めないことが多いです。改善しようと行動したら火に油を注ぐ結果になってしまうこともあります。

現在の保育士業界は人手不足です。保育士が人間関係や待遇面で働きやすいと感じられるように環境を整えた園も増えています。

あなたに合った保育園は必ず存在しますので、転職エージェント等に相談することも一つの手段です。

転職エージェントはヒアリングを元にご自身の条件に合った求人を紹介してくれます。「人間関係が良好」「家賃補助がある」など様々な希望に沿った保育園の提案をしてくれます。

保育士という未来を支える仕事を応援するための環境・サービスが整ってきています。自分に合った保育園へ移動することも視野に入れておくと良いでしょう。

弊サイト「ほいく人財」は相談ベースからの転職サポートを実施しています。人間関係のお悩みも相談可能ですので、今の職場環境に違和感を感じてる方はお気軽に相談ください。

>> ほいく人財の転職相談にお問い合わせする|お問い合わせページへ

他の職種へ転職する

保育士という仕事と一度距離を取り、思い切って他の職種への転職という手もあります。

保育士の人間関係に疲れている人の中には、保育士という仕事に疲れている人もいらっしゃいます。保育への想いが保てない場合には、無理に続けようとせず、一度保育の現場から離れる勇気も必要です。

保育士としてではなくても、子どもに携わる仕事は多くあります。最近では、子どもを対象とした英会話教室や知育教室の講師など様々な職種も増えてきました。

以前よりも働き方が自由に選べるようになっているため、幅広い視野で転職を考えることができます。

保育士の人間関係に疲れた場合のストレス解消方法

保育士は人間関係や職場環境などでストレスを感じやすい仕事でもあります。

日々のストレスに疲れ、休みの日は何もしていないという人も多いのではないでしょうか。『保育士が人間関係に疲れた時、どのようにストレスを発散しているのか』について調べてみました。

ぜひ参考にしてください。

仕事を忘れられる趣味を持つ

職場の環境が悪かったり、仕事がうまくいっていないと常に保育のことばかり考えてしまう人も少なくありません。不安から休日でも週案や日案を考えたりと、休んでいないこともあるのではないでしょうか。

そんな時には、没頭できる趣味を持ちましょう。

ストレスを発散させるためには、仕事のことを考えない時間が大切です。仕事とプライベートの線引きをしっかり行うことで、気持ちを切り替えて過ごすことが出来ます。

保育士以外の人とも交流をする

休日は仕事のことを考えないためにも保育士以外の人と交流する時間を持ちましょう。

保育士以外の人と関わる機会を持つことで、気持ちのリフレッシュにつながります。友人なら安心して話を聞いてもらうことができ、日々の思いも伝えやすいのではないでしょうか。

職場のことを話しても良いですし、趣味のことの話でも良いです。自分の気持ちを外に吐き出す時間を持つようにしましょう。

また、友人以外の様々な人との交流もオススメです。新しい趣味の発見につながったり、今まで知らなかった世界に触れることで、日々の楽しみが増えていきます。

プライベートの時間をより充実したものにし、仕事でのストレスを発散させましょう。

必要以上に自分を責めない

休日に一人で過ごしていると、仕事の失敗を思い出して辛くなることがありませんか。

「失敗は次に活かすことができる」と前向き捉えて必要以上に考えることはやめましょう。自分を責めてしまうと逃げ場所がなくなり、心が辛くなってしまいます。

一日一回仕事で出来たと思えることを書き出し、自分で自分を認めるなど、自分自身が一番の味方になり続けましょう。

あなたの頑張りを見ている職員やあなたのことを認めてくれる職員は必ずいます。

自分のことを嫌いにならずにいることが一番大切です。

まとめ: 悩み・問題を根本的に解決するには

人間関係のお悩みを根本解決する手段は以下の3つになります。

  • 良くなるまで我慢する
  • 自分が成長する
  • 転職する

「良くなるまで我慢する」のは解決時期が見えない解決方法です。環境や流れに委ねていますので不確定要素が高いですね。もしかしたらずっと我慢しなくてはいけないかもしれません。

「自分が成長する」ことで周りが気にならなくなったり、「あの人に注意されてた意味がやっと分かった」と気づくことがあります。ただ、スキルや人格の成長は時間がかかります。今時点の解決には繋がりません。

「転職する」ことは”逃げ”とも捕らえられて、ネガティブなイメージを持つ人は少なくありません。ただ、ご自身に合った職場環境は必ず存在しますし、環境のせいで前向きに仕事ができないのは勿体ないことです。

より世の中の役に立つためにも、職場を変えることは良い選択であると思います。

>> ほいく人財にキャリア相談する|お問い合わせページへ

今すぐ転職の相談をしたい方は、こちらから!
お問い合わせ、打ち合わせは無料で行っております!

保育業界で人材を採用してきたことで培ってきたノウハウと、
人材業界で実績を積んできたコンサルタントが丁寧にあなたのお悩みに向き合います。

まずは相談する

関連記事一覧

記事の検索

カテゴリー