今だから言える”保育人材の真実”

採用者向け

実はこれまで、保育の採用現場では“ある事”が問題視されておりました。

それは、保育士を採用したいがために、会社に合っているか、人格はどうか、

保育士としてのキャリアはどうか、

どんな保育をしたいのかといった、本質的な面接ではなく、

資格さえあれば、全員採用している会社が多く見受けられました、ということです。

 

会社に合っていない採用が起きれば、どうなるか?

皆さん、ご想像の通り、

周りとハレーションが起きて、人間関係が悪化したり

会社と本人の保育方針が違うから、やり方、進め方で、常に周りと衝突することになります。

そうなると、会社が言うか、本人が言うか、いずれにせよ離職につながります。

 

しかし、そういった採用は多くの企業で見直され、

やはり園毎のカラーや、経営理念・保育理念に沿った人物を採用するように変わってきました。

ただ、行政によっては、待機児童問題が解消されず、

完全に新規で保育園を開業される法人もあったりするので、

今でも、「保育士の資格があれば、誰でも採用してしまう問題」が続いているのも事実です。

 

転職は、ご縁やタイミングで大きく変わるものではありますが、

是非、保育園に転職する際には、

①自分がどんな保育をしたいのか

②どんな園長と一緒に仕事をしたいのか

そういった、本質的なところに目をあてて考えてみてください。

2社・3社、内定が出て迷ったら、この2点に戻って考えてください。

自ずと応えは、出てきます。

>> 保育業界に強いエージェント「BIG BIRD」に相談する

今すぐ転職の相談をしたい方は、こちらから!
お問い合わせ、打ち合わせは無料で行っております!

保育業界で人材を採用してきたことで培ってきたノウハウと、
人材業界で実績を積んできたコンサルタントが丁寧にあなたのお悩みに向き合います。

まずは相談する

関連記事一覧

関連記事はありません。

記事の検索

カテゴリー