保育士は学生までの学びよりも、現場の学びが大事

保育士になりたい

「保育士は常に現場で学び続けることが大事」

■学生までの学びも大事だけれど……

保育士 自分の子どもを預ける

保育士になるための勉強はもちろん大事ですが、理論だけでは決して十分な知識とは言えません。
学生時代の学びは、保育士として働くために必要なものですが、それ以上に大事になるのは現場での学びです。

保育士を目指して勉強する方の動機はそれぞれですが、多くの方は「子どもが好きだから」という共通点があるのではないでしょうか。

しかし、いくら子どもが好きでも、いざ現場に入ってみると予測外の事や学生時代に学んだ事が思うように活かせず、戸惑われる保育士の方も多くいるようです。

学生時代に得た知識や、短期的な実習では感じられなかった出来事が現場では次々に起こります。

また、子どもたちはテキストに記されている通りに行動したり、テキスト通りの成長速度というわけではありません。

■現場において常に子どもたちを通して学び続けるという心持ち

学生時代は「保育士になる」という目標を胸に保育士を目指し、いざ保育士という職業に就いてみて壁にぶつかる方も多くいます。

私たち大人の間でも様々な性格、個性を持った人がいるように、子どもたちも、個性豊かです。

中にはこれまで自分が学生時代学んだ知識ではどうにもならない…という子どもに出会うこともあるでしょう。

学生時代のテキストでの学びも大切ですが、それ以上に現場で様々な子どもと触れ合い、一つ一つ経験を積むことは大切です。

そうした経験を重ね、多くの子どもたちを見て一人一人と真摯に向き合うことで学生時代の学びがより一層深くなり、保育の現場において本当の意味で発揮されるようになってくることでしょう。

様々な子どもたちを保育する中で心に留めておきたいのは、保育士として現場に就いても常に現場で学び続ける気持ちを忘れない。ということです。

これまでの経験と学びの引き出しが多くなるにつれ、スムーズに対処することが出来るようになるでしょう。

今すぐ転職の相談をしたい方は、こちらから!
お問い合わせ、打ち合わせは無料で行っております!

保育業界で人材を採用してきたことで培ってきたノウハウと、
人材業界で実績を積んできたコンサルタントが丁寧にあなたのお悩みに向き合います。

まずは相談する

関連記事一覧

記事の検索

カテゴリー