常に園児の成長・幸せ・安全に焦点を当てよう

保育士になりたい

「保育士は現場で常に園児の成長・幸せ・安全を見つめて」

■保育士の現場において大切な3つのこと

保育士 労働環境
保育士として大切な事は、預かった子どもたちに目を配り、子どもたちが心身共に健全に過ごせるよう保育し、無事に親御さんの元へお返しする事です。

子どもたちの成長・幸せ・安全に配慮した保育。この3点をなくして、子どもたちの心身の健全な成長はありえません。

子どもたちを保育する上で、常にこの3点を気に掛け、子どもたちに接してほしいと思います。

■園児の成長・幸せ・安全を見つめる理由

子どもたちは保育園に入り、初めて集団生活を経験します。

集団生活の中で、保育士やお友達と触れ合う事で精神的にも大きな成長を遂げていきます。

集団という家庭内だけでは体験出来ない広い人間関係の中に入ることで、初めて多様な価値観に満ちた世界に足を踏み入れることになります。

子供は保育園での生活の中で様々な価値観や性質を持った人がいることを知ります、

保育士の先生の指導を通して、人間として大切な思いやりを学んだり、自分の欲求を通すばかりでなく、他者に譲るやさしさを身につけるなど日々精神的にも肉体的にも成長していきます。

保育士は常に子どもたち一人一人の幸せを願い、何がこの子にとっての幸せとなるのか、長期的な目線で考え、指導していくことが大切です。

幼い頃の子どもの記憶は残らないことも多いですが、誰かに愛され、大切にされた記憶というのは子どもの頃から自己肯定感として蓄積され、大人になってからもこの自己肯定感の有無で大きく一生を左右することもあります。

今だけ子どもの保育に目を向けるのではなく、一人の子どもの一生を通しての幸せの基盤を築く一端を担うつもりで子どもたちと向き合う心を持ちたいものです。

また、子どもと接する上で大切なのは安全面の確保です。

子どもは、私たち大人が想像もしないような行動を取る事があります。
大人の目線ではあまり問題ないと思うような事であっても、思わぬ事故が起こる可能性もあります。

「これくらいならば大丈夫だろう」という油断が子どもの事故や怪我などに繋がる事もあります。

大人の目線で物事の安全を判断せず、常に子どもの行動には目を配り、事前に事故や怪我を防ぐ環境を整えるようにしましょう。

今すぐ転職の相談をしたい方は、こちらから!
お問い合わせ、打ち合わせは無料で行っております!

保育業界で人材を採用してきたことで培ってきたノウハウと、
人材業界で実績を積んできたコンサルタントが丁寧にあなたのお悩みに向き合います。

まずは相談する

関連記事一覧

記事の検索

カテゴリー